カテゴリ:かぐや姫の時代( 15 )

花火にまつわるエトセトラ 2012.8.19

今年の伊勢崎の花火は、9月の最終土曜日



e0248844_15185011.jpg




   以前は、8月の最終土曜日だったのに

   一カ月も後になる















e0248844_1533388.jpg



     花火の思い出 Part1









     以前、三尺玉が上がるので有名な境町の花火が
     台風で延期になり10月頃に行ったことがある
     近くの公園で、会社の人たちとビールを飲みながら見る予定が
     夜になると、とても寒くて冷たいビールどころではなく
     花火が終わる頃には、身体の芯まで冷えて
     その後、お店に入って温かい丼物を食べた記憶が・・・






e0248844_15455975.jpg



     花火の思い出 Part2









     その翌年、同じ境町の花火へ友達と二人で行くことに
     友達が、私の家に来たので
     てっきり、車に乗せて行ってもらえるものと思っていたら
     友達 「佳子、うちの旦那が花火って混雑しているだろう
     その辺に、車停めておいてぶつけられたら困るから
     佳子の車で行けって」 と

     なんつー夫婦だ!!
     私の車はぶつけられてもいいのか






e0248844_15552958.jpg



     花火の思い出 Part3









     とおーい昔、東京へいた頃

     千葉県の富津岬へ花火を見に
     行くのが遅くなってしまって、JR青堀駅に着いた時には
     富津岬までの最終バスが出た後で、仕方なく歩いて岬へ
     富津岬に着いた時には、すでに花火が終わった後で
     友達と合流するはずが、それも出来なく
     また、仕方なく歩いて青堀駅に

     しかし、私は足が痛くなってしまって
     おぶってもらい駅へと
     その後、青堀駅のベンチで野宿
     翌朝、太陽が昇る前 とても寒かったのを憶えています
     そして、海で泳いでクタクタになって帰りました

     あの時のおぶってもらった
     あの背中は、何とも言えない安堵感があったな
     もちろん、おぶってくれた人は 
     昔、とっても好きだった人です

     数年後、私はこの富津岬の花火を見ることができました
     その人とは、別れた後に




私にも、男の人に素直に甘えられた

そんな、かわいい頃がありました

何も最初から、こんなババアじゃありません


浴衣を着て、線香花火がしたくなりました











[PR]
by saitanii | 2016-07-29 23:36 | かぐや姫の時代

錯覚ができた無邪気な頃 2014.2.2

「恋をすると世界が変わる」 なんて

錯覚をしていた10代の頃を

醒めた思いで振り返る頃があったけれど

50代半ばにもなると

そんな錯覚ができて、無邪気だった頃の自分が

懐かしく愛おしく思えたりする


失恋の苦い思い出も

まったく恋ができなかった人生よりは いいよね?





e0248844_18180026.jpg










[PR]
by saitanii | 2016-07-21 18:04 | かぐや姫の時代

遠い日の秘めたる想い

昔のことを 「つい昨日のことのように思い出す」 とは

この歳になって、しみじみ湧いてくる感情ですね


そう、アラ還世代になってから・・・

それまでは忙しくて

昔の思い出になど浸ることのないような人でも

ちょっとしたきっかけで、昔に引き戻されることもあるようですよ


よく、好きだった人のことを

女性は 『上書き保存』  男性は 『名前を付けて保存』 なんて言います

それに加えて

女性は 『名前を付けて共有フォルダーに保存』 もあるそうです

しかし、全ての女性がそういう訳ではありません

というか、それは男女の違いではなく

どんな恋愛をしたかではないでしょうか

案外、女性は大切な人のことは心の奥深くに

『永久保存』 しているものですよ

私もそうですから

まあ、私の場合は 『上書き保存』 できるほどの

恋愛経験がないのですけどね


失われた時を求めて

しかし、いくら求めても

過去に失われた時は取り戻すことはできない

過去の記憶が鮮明に蘇ることはあっても

その過去へと戻ることはできない

過去にとらわれている間は幸せになれない


ただね

忘れられない恋愛ができたということは素敵なことですよ

何もなかった人生よりは、はるかに

過去にとらわれているということではなく

いつまでも、大切にしまっておきたい 想いもあるのですよね





e0248844_21391748.jpg










[PR]
by saitanii | 2016-03-27 22:08 | かぐや姫の時代 | Comments(14)

悩みと言えば恋愛だった頃

今朝、ラジオから流れてきた

ユーミンの曲 『魔法の鏡』


  060.gif  魔法の鏡を持ってたら
      あなたのくらし映してみたい
      もしもブルーにしていたなら
      偶然そうに電話をするわ

      できることならもう一度
      私のことを思い出して
      あれが最初で最後の本当の恋だから
      あれが最初で最後の本当の恋だから  060.gif




     なつかしいわぁ~!!  059.gif




若い頃、この曲を聴きながら

別れた彼を思ったことが・・・


20歳そこそこの あの頃は

悩みと言えば恋愛のことで

人生がとても単純だった


そして、57歳になった今

やたら、人生を複雑に考えるもので

「本当の恋」 の意味が 解らないでいます 026.gif





e0248844_22412712.jpg










[PR]
by saitanii | 2015-03-22 22:54 | かぐや姫の時代 | Comments(4)

遠い昔へ感謝を込めて

遠ーい昔、大好きだった人と

最後に会った時に言われた一言

その時は 「きついことを言うわ」 と、思ったけれど

何をするか分からないような、危なげな私が

離婚をしてから今まで

人の道に外れたことをしないでいられたのは

その一言が心の奥に突き刺さっていたから

恐らく、その人は

何を言ったのか憶えていないと思うけど

というか、私のことすら憶えていないかもしれないけれど

この先も、会うことのない その人に

私は感謝の気持ちでいっぱいです





e0248844_21004375.jpg










[PR]
by saitanii | 2014-10-18 20:02 | かぐや姫の時代 | Comments(6)

想い出は想い出のままで

私には、長い間忘れられない人がいた

数年前、その人との想い出の場所を訪ねてみたことが

ところが、青春時代のキラキラと輝いていた その場所が

三十数年の時を経て行ってみると、何だか色褪せていて

忘れられないと思っていた自分の気持ちが

拍子抜けしてしまった時から

その人のことは、想い出すこともなかったのだけれど

先日、友だちとの会話の中に

その人の話が出て来た夜、夢を見てしまったのです


それは、私が育った頃の実家にいて

傍には亡くなった私の父と母と兄がいて

たぶん、私も三十数年前に戻っていて

そして、私がその人と電話で話しをしている

それも、ちょっとした行き違いで揉めていて

それが何故か、可笑しなことに携帯電話なのですよ

目が覚めてから、ふと

あの頃、携帯があって直ぐに連絡が取れていたら

私には違う人生があったとも思うけれど

しかし、離婚はしてしまったものの

息子がいて、嫁がいて

可愛い孫娘のいる今の人生を思えば

これで良かったのだとつくづく思います


実は、夢を見た朝 思わず、その人のことを

フェイスブックで検索してしまったのですが

プロフィールの写真に、今の幸せそうな背景を感じて

ホッとすると共に はい、ここまで!! 085.gif  


ただ、遠い昔

海へ花火を見に行った帰り道

歩き疲れた私をおぶって長い距離を歩いてくれた

あの背中の温もりだけは、いつまでも記憶の奥に





e0248844_16071080.jpg










[PR]
by saitanii | 2014-10-18 19:48 | かぐや姫の時代 | Comments(4)

思秋期に青春という春を・・・

今朝、ラジオから

岩崎宏美さんの 『思秋期』 が流れてきた

  060.gif  足音もなく行き過ぎた
      季節をひとり見送って
      はらはら涙あふれる 私十八

      無口だけれどあたたかい
      心を持ったあのひとの
      別れの言葉抱きしめ やがて十九に

      心ゆれる秋になって 涙もろい私
      青春はこわれもの 愛しても傷つき

      青春は忘れもの 過ぎてから気がつく 060.gif


阿久悠さんの詞は素晴らしいですよね  どうしても外見と結びつかない 失礼


やはり、秋はセンチメンタルになる季節


本来、思秋期とは

心理学でいうと、人生のピークを過ぎて身体や精神が衰え始めた時期のこと

きっと、今の私の年齢(56歳)ですね


この歌を聞いていた19歳の頃は

秋になり、去ってしまった恋人への想いを

大人になろうとしている女の子の目線で・・・と思っていましたが

今思うと、これは中年以降になって

若かりし日の思い出を振り返った歌ではないかと


あら? 私にだって 

青春、18歳の頃があったんですよ

純な頃がね 026.gif

何も最初から、こんなひねたババアじゃありません


18(歳)なんて、ついこの間のことのようで 059.gif





e0248844_14344325.jpg










[PR]
by saitanii | 2014-09-20 14:42 | かぐや姫の時代 | Comments(12)

錯覚ができた無邪気な頃

「恋をすると世界が変わる」 なんて

錯覚をしていた10代の頃を

醒めた思いで振り返る頃があったけれど

50代半ばにもなると

そんな錯覚ができて、無邪気だった頃の自分が

懐かしく愛おしく思えたりする


失恋の苦い思い出も

まったく恋ができなかった人生よりは いいよね?





e0248844_18180026.jpg










[PR]
by saitanii | 2014-02-02 18:24 | かぐや姫の時代 | Comments(6)

夢は夢のままで

ブログを始めて1年半

いつもブログを見てくださっている方は

私が昔の恋を懐かしむ

エピソードがよく出てくることで

さぞかし、才谷

昔は、恋多き女だったと思われていることでしょう

しかし、それは大きな誤解です 034.gif

どのエピソードも

全て同じ人のことなんですよ 029.gif

要するに、才谷 その恋しかないんですね 037.gif 


ただ今更、その人に会ってみようかなんて思いませんよ

だって、この年で会ったら

かなりの高い確率で、相手はデブかハゲでしょう


昔見た夢は夢のままで・・・・・


あー、自分もババアになっているのを すっかり忘れてました 008.gif

失礼致しました 040.gif




   Young men see visions

          old men dream dreams.




e0248844_2201420.jpg

[PR]
by saitanii | 2013-04-10 22:15 | かぐや姫の時代 | Comments(6)

かぐや姫の時代

井の頭公園内 神田川の源流


e0248844_20434971.jpg




e0248844_20443227.jpg




e0248844_20455846.jpg





     神田川は、この奥にある

     水が湧き出るところ

     『お茶の水』 から始まる











神田川といえば

私の世代では、’70年代にヒットした曲

南こうせつとかぐや姫の 『神田川』


   060.gif  赤い手拭 マフラーにして
       二人で行った 横町の風呂屋
       一緒に出ようねって 言ったのに
       いつも私が待たされた
       洗い髪が芯まで冷えて        060.gif



銭湯へ行く、お風呂の無いところに住んでいるなんて

今の若い人には、ピンと来ない詞でしょうね

しかし、私もこの詞は いつもピンと来なかった

長湯になりがちな女性が

どうして、いつも待たされていたのだろうと

これは、作詞をした喜多条忠さん自らの

学生時代の思い出だとか


以前、朝の情報番組で この神田川の銭湯の場所をやっていて

その時、何故女性が待たされたのかを言っていたが

出勤前の忙しい時だったので、つい聞き漏らしてしまった


私は 『神田川』 よりは

同じ喜多条忠さんの作詞 『赤ちょうちん』 が好きなんです

この中の


  060.gif  あなたと別れた 雨の夜
      公衆電話の 箱の中
      ひざをかかえて 泣きました
      生きていることは ただそれだけで
      哀しいことだと 知りました       060.gif



これも、携帯やスマホしか知らない

今の若い人には、まったく理解できないでしょうね


私は、とおーい昔

公衆電話の箱の中で泣いたことがありますよ

自分の結婚式の4日前に

今は、その選択で良かったと思っていますけどね

まったく!! カビの生えたような話でした 041.gif
[PR]
by saitanii | 2013-03-27 22:26 | かぐや姫の時代 | Comments(8)


ひとり暮らしの独り言、一人でも聞いていただけたなら幸いです


by 全開ババア!

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
カラオケ
夫婦
始める
最近買ったもの


お風呂
感謝
坂本龍馬
性格
体形
人生
ペット
旅情
感想
季節
遺伝子
後悔
アンチエイジング
老化
映画
家族
呑兵衛
最近貰ったもの
会社解散
免疫力
素肌
童話
ババア
赤城山
昭和
かぐや姫の時代
今日は何の日
断捨離
わかってない
未分類

以前の記事

2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

じぶん日記
今夜もeat it
ぶつぶつ独り言2(うちの...
生きる詩
結婚して西へ行くまで~西へ来た
犬と一緒に
のらねこ。 (野良にゃ...
ばーさんがじーさんに作る食卓
+ 10%
他力本願!
ヒトは猫のペットである
 写道
ささやかな暮らし。
モンクの独白(ひとりごと)
おひとりさまの食卓plus
☆FREEDOM☆
ありがとうはまほ(う)のことば
toriko
mr&mrs kajiの...
帰ってきた「ブランド大好...
ツルカメ DAYS
Mrs.和やか in 手帳
人生とは ?
一人の時間を大切に
いつまでも素人
岸和田普限窯の記録
ほろ酔いにて
野鳥との出会い
モヨモヨぶろぐ
浅間山眺めてほのぼのli...
心の写真
口角を上げて!
Fitness☆log
qooaki's hap...
すべてみどりになるまで
曇りのち晴れ
かぎしっぽと私、時々バイク…
毎日が日曜日の記
凛として
小さな幸せ 田舎の主婦は...
お転婆シニアのガーデニン...
まどろみの中で。。。
夜更けのひらめき
庭のある暮らし
今が一番
猫飼いの詩-うた-
必ず夜は明ける
せんこ、気ままに好き勝手...
ゆくりる
たまにっき
幾星霜Ⅱ
ベンチュラ郡の青い空
Photo千思万考2
へぇ、おおきに

最新のコメント

hal さんへ 初め..
by saitanii at 12:34
初めまして、turnmy..
by hal at 00:14
vespa_bianch..
by saitanii at 18:50
こんにちは。 お久しぶ..
by vespa_bianchi at 20:42
鍵コメさんへ 初めまし..
by saitanii at 13:16
vespa_bianch..
by saitanii at 07:49
暑かったり寒かったり ..
by vespa_bianchi at 12:47
pikorin77jpさ..
by saitanii at 21:08
いつも痛快な文章 楽しま..
by pikorin77jp at 20:41
vespa_bianch..
by saitanii at 19:23

メモ帳

最新のトラックバック

いじめには「傍観」という..
from 才谷佳子のここだけの話・・・..
かぐや姫どんな人生過ごしたの
from 新赤い帽子のブログ
人生の答え合わせ
from 才谷佳子のひとり言……って ..
バナナが高級品だった頃
from 才谷佳子のひとり言……って ..
いい歳をして恋愛なんか語..
from 才谷佳子のひとり言……って ..
「記憶力が衰えた」という..
from 才谷佳子のひとり言……って ..
地球人として考えたら
from 才谷佳子のひとり言……って ..
『お茶の間』 という温もり
from 才谷佳子のひとり言……って ..
今年は本を読みたいですね
from 才谷佳子のひとり言……って ..
高齢者のマナーの悪さ
from 才谷佳子のひとり言……って ..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

人生も変換ミス 2013.1..
at 2016-08-09 22:03
ババばかでけっこう! Par..
at 2016-08-08 22:57
大人の世界にも、いじめはある
at 2016-08-03 20:48
空蝉を見ながら・・・
at 2016-08-03 06:54
日本人だから、美しい日本語に..
at 2016-08-02 07:24
“行水” というエコライフ
at 2016-08-01 19:14
イソップ 『アリとキリギリス..
at 2016-08-01 10:53
カブトムシ と ゴキブリ 2..
at 2016-08-01 08:20
柔軟か 曖昧か 2012.8..
at 2016-07-31 21:10
鰻屋さんこそ夏バテしないでね!!
at 2016-07-30 19:48
小さな恋のものがたり 201..
at 2016-07-30 00:51
花火にまつわるエトセトラ 2..
at 2016-07-29 23:36
「人生が思うようにいかない」..
at 2016-07-28 21:51
ニーチェに説教する 2013..
at 2016-07-28 21:18
「生きることが辛い」と思うあ..
at 2016-07-27 23:01
相模原殺傷事件、人間のできる..
at 2016-07-26 21:40
これは涙袋ではなく目袋
at 2016-07-24 10:36
かぐや姫の前科は男絡みね
at 2016-07-23 20:35
かぐや姫に保険を掛けてる時間..
at 2016-07-23 16:20
ポケモンGOと二宮金次郎
at 2016-07-22 20:44

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
美容・健康

画像一覧